紫外線で疲れた肌を救う 「秋美白」

朝晩がいっきに寒くなり始め、日中もだいぶん過ごしやすくなりはじめた秋。
紫外線の強く暑さの激しい夏よりも、肌にとっても負担の少ない時期ですが、実は今の季節はこの冬の肌状態を左右する大切な時期と言っても、過言ではありません。
この時期に、しっかり肌ケアをして1番肌トラブルに悩まされがちな冬に備えていきたいですね。
秋を迎えた肌は、紫外線やエアコンなどの夏の肌ダメージを受け、肌ストレスを抱えがちです。
肌にとって厳しい環境を過ごし、ストレスを抱えた肌はターンオーバー(肌の生まれ変わり)が鈍くなり、角質肥厚を起こしごわつきやすく、くすみを感じやすくなります。夏の強い日差しを浴び、紫外線をたくさん受けた肌はシミやそばかすの元であるメラニンが過剰に生成されやすくなっています。なので、全体的に肌のトーンダウンを感じやすくなっているのが現状です。
角質肥厚を起こし、紫外線を沢山浴びた肌は、乾燥しやすくもなっています。

秋の肌を透明感ある明るい肌へ導くお手入れポイント -バリア機能の回復

外的刺激から肌を守るバリア機能、これは元々肌に備わっている機能ですが、1番夏の肌ダメージで低下しています。
この機能を回復させることで、与えたうるおいを逃がさずキープし寒さに負けない丈夫な肌が手に入ります。
バリア機能を回復に必要な事は、お手入れの最後の蓋をするクリームや乳液でしっかり肌に蓋をすることです。
しっかりうるおいを与えた後に蓋をすることで、低下してしまったバリア機能の代わりをしてくれます。
そうすることで、肌内部はぐっと栄養をため込み元気な細胞をたくさん作りだして行くことが出来るので本来、肌が持っていたバリア機能も回復していきます。この機能を正常にすることで、紫外線の影響を受けにくい、明るい肌へ導きます。

秋の肌を透明感ある明るい肌へ導くお手入れポイント 新しい肌を作りやすい環境へ

夏に鈍くなってしまったターンオーバーを戻して行くことも大切です。本来、肌のターンオーバーは28日間と言われています。
この28日間の間に、新しい細胞が生まれ、細胞分裂を繰り返し新しい皮膚を作り、古くなった角質は、垢となり剥がれおちていきます。
ターンオーバーの低下により、本来剥がれおちるべき角質が留まってしまっていることで肌のトーンダウンやカサつき、ごわつきの原因となります。
そして古い角質により、スキンケアの浸透も妨げてしまいます。なので、古くなった角質を除去することが大切になってきます。
その為に必要なお手入れは、ふき取り化粧水やピーリングなどで不要な角質の除去を行うことです。また、乳液先行のお手入れや導入美容液などで角質をほぐすお手入れも効果的です。
その後の化粧品の浸透もよくなりますので、明るさを実感しやすい、柔らかくうるおった肌を実感できます。
古く固くなった角質を柔軟化、除去することで、くすみやごわつきの解消はもちろん、肌をやわらかく保つことは、美肌のカギともいえますので乾燥してきたかな?と感じた時は、保湿と同時に角質ケアを取り入れることが大切です。
冬場は、空気の乾燥や気温の低下、暖房により角質は固くなりやすい時期です。
ささっとお手入れを済ませたいときは、洗顔後に顔をタオルで拭く前にオイルを軽くなじませておくだけでも肌はやわらかくなります。
この角質ケアは、透明感を与えたり乾燥ケアができるだけでなく、大人ニキビ予防にも効果的です。

バリア機能が高まり、ターンオーバーが正常になるとそれだけで自ら美白する力が高まる

しっかり自分の肌を元気にしていく力を取り戻した肌は、与えた美容成分を適材適所へ届けれる力が高まる為、美白に手ごたえを感じやすくなります。この夏、日焼けによりトーンダウンを感じてしまっている方、まずはしっかりと保湿をし乾かない肌へ、そしてバリア機能を高め水分保持力を高めることに力を注ぎ、ターンオーバーを正常に戻していきましょう。それだけでも、肌は透明感にあふれます。
  

CURATOR

編集

FABB ORGANIZER

fabb organizer

FABBの運営・メディア管理をしています。

SHARE ON!