子育てをしながらどうやって息抜きをすればいいのか、教えます。

子育てに追われる日々は大変ですが、それなりに充実して楽しいものですよね。しかし、時には疲れが溜まってしまい、息抜きをして一休みしたいなぁ…なんて感じることもあるかと思います。そんな子育て中のママさんに、おすすめの息抜き方法を教えます。

子育て中の息抜きについて

幼稚園や保育園へ通っていないお子さんをお持ちのママさんは、息抜きをするとはいってもご主人がお仕事をしている時間帯はどうしてもお子さんの様子を見ながらの息抜きになってしまいます。そこで、お子さんのそばにいる事を前提とした息抜き方法を考えてみましょう。

大人と会話しよう

一人での密室育児はどうしても息が詰まりがち…そんな時には誰かと愚痴を言い合ったり、共通の話題で盛り上がったりするのがおすすめです。もし近くに親しいママ友がいれば、お家に招いたり公園で遊ぶ約束をしたりして、互いの子供を遊ばせながら子育てのうっ憤を話してスッキリしちゃいましょう。

また、親兄弟を頼れる環境であれば、会ったり電話をしてみるのもいいでしょう。特に母親なら、同じ子育てを経験した先輩としても、あなたの気持ちを理解してくれるかもしれません。

趣味に没頭してみよう

子育て中でも楽しめる趣味を探すのも息抜きに繋がります。気になるドラマや映画を見たり、PCでショッピングサイトを覗いてみたり、ミシンでひたすら縫物をしたり、本や漫画を読んでみたり。

お子さんをベビーカーに乗せてウォーキングをしたり、ベビーシートに乗せてドライブを楽しんだりと、外へ出かけることもよい気分転換になるでしょう。また、逆に何もしないでゴロゴロ寝転ぶだけの時間を過ごすことも、子育て中の体と気持ちを休める上では立派な息抜きになります。

  

お子さんがグズってしまうときは

TV育児やiPad等の端末を使った育児は批判されがちですが、それは長時間そればかり見せている場合においてなので、少しの時間なら問題ありません。ママが息抜きをしている間だけ、そういった機器に育児をお願いする事も考えてみてください。

また、可能であれば休日にご主人に少しの間お子さんを見てもらったり、保育園などの一時保育を利用したりして、自分一人の時間を作ることも大切です。

お子さんが「ママのいない環境」の過ごし方を学ぶ機会にもなるので、この際思い切って子育てから完全に離れられる時間を作ってみてくださいね。とはいえママさんは「子育て中なのに自分ばかり楽しんでいいのかなぁ…」なんて不安に思ってしまう事もあるかもしれません。しかし、子育て中における適度な息抜きは気持ちをリフレッシュさせてその後の家事育児における効率化にも繋がります。なので、息抜きも仕事の一つだと思って子育てから少しだけ離れる時間を設けてみてくださいね。