オシャレって難しい!オシャレ迷子女子にはどこに行く?

「オシャレになりたい!」
そう思う女性はたくさんいると思います。
しかし世の中にはこんな女性もたくさんいるのでは?
「オシャレ迷子女子」
ちなみに筆者もこれに該当します(笑)

オシャレになろう!そう思って雑誌を手に取り、モデルさんと同じコーディネートにチャレンジするも

なにか違う。
いや、だいぶ違う。
同じ人間かどうかも疑わしい。

同じ格好をしているはずなのに、何がどうしてこうなるのだろう。
そしてベレー帽のかぶり方がわからない…!
これではまるでドングリだ。

派手な格好はどうせ似合わない。
それならちょっと緩めのコーディネートならどうだ?
そう、蒼井優のように、堅苦しくないルーズな格好で……

完全にパジャマである。
まず、シャツインをどこまでインすればいいのかわからない。
おくれ毛はどこまで出せばいいのかわからない。
チラッと見える足首が太くて残念。。。
ゆるっとダボッとした服なのに、私が着ると詰まっているように見える…。
これじゃ蒼井優にはほど遠い。むしろお手本にしようとして申し訳なく思えてくる。

それじゃもっとクールさを取り入れたらどうだろう?
もっと大人の女性っぽく、キレイめな感じで。
さっきは足首が残念だったので、高めのヒールをはいてみよう!
高いヒールは足首が細く見える効果があるとかないとか。
そうすればスラッとした女性に近づけるはず…

違う違う違う違う。
理想はスラリ。でもこれじゃドスコイだ。
このタイプのパンツは裾がだんだんと上がってきて、気がつけばたくましいふくらはぎが顔を出す。
存在感の強いふくらはぎのおかげでヒールの足細効果は皆無。
そして相変わらずシャツインのさじ加減がわからない。

なりたい自分になかなかなれず、気がつけばクローゼットの前で立ち尽くす私。
オシャレとはイバラの道である。。。

いかがでしたか?
筆者のようにオシャレ迷子女子が「わかるわかる!」と共感していただければ幸いです。
ちなみに筆者は最近ニット帽やハットをかぶればなんとかなることを発見!

自分のキラーアイテムを見つけると迷い女子を少し呼び戻せるかも。

そしていつかは迷子脱出したいな…。