迷宮レベルのオシャレ迷子!?悲しみのループ

毎日似たような格好だと、日々の生活に彩りが足りないなぁなんて思うこと、ありますよね。

筆者も、やはり女子たるもの少しくらいはオシャレしたいと思い、ファッション誌やネットで参考になるコーディネートをたまーに探したりするのですが、「オシャレ迷子」故にとても苦労します。

  

理想だけは高いのです。
上戸彩みたいになりたい。北川景子みたいになりたい。石原さとみみたいになりたい。
憧れの女性に近づきたいと妄想だけは膨らむのですが

現実は厳しいです。
帽子のかぶり方も合っているのかわからないし、シャツインもどこまでインしていいのかわからない。
くびれのない寸胴な身体に太くて短い足。
理想とは程遠く、本当に上戸彩と同じ人間なのかと疑ってしまいます。

ファッションだけの問題ではなく、鏡を見れば見るほど自分の顔にガッカリします。
数年前まではなかった目のシワやシミ、処理しきれてないヒゲ…。
「可愛いは作れる」というけれど、限界もあるのではないかと落ち込みます。

そんな私でも、最先端の流行のアイテムを取り入れれば少しくらいは変化するのでは!?と思い、オシャレなアパレルショップに踏み入れようとしますが…

眩しい。眩しすぎる。
「店員さんに話しかけられたらどうしよう」と謎の不安に駆られ、ショップの入り口付近にあるマネキンをチラッと見て、少し重ねて陳列されているTシャツをちょっぴり手に取り、そしてすぐにその場から離れる…。
店内奥まで足を踏み入れる勇気がないのです。
ここまでくると「オシャレ女子」も迷宮レベルかもしれません。

そして結局

いつもと一緒☆
誰にも迷惑かけることもないし、買い物行くのも面倒だし、お金もかかるし…
そんなこんなでなかなかオシャレに近づくことができません。

しかししばらくすると、また「少しくらいオシャレしたいな~」と思い、ファッション誌を見て、鏡見てガッカリして、アパレルショップの前でジタバタしての繰り返し…。
わかっていてもこのループを何度も何度もしてしまいます。
いつかはオシャレ迷子脱出したいと思いますが、それがいつになることやら…。

迷宮レベルのオシャレ迷子!?悲しみのループ…

CURATOR

主婦

ナオミ

NAOMI

25歳の専業主婦です。男の子二人を育てています。
普段は育児ブログで絵を描いています。絵を描くのがとにかく好きで、趣味として思いのまま描いています。

SHARE ON!