もう若くない?年齢を感じる瞬間を絵にしてみた

普段の生活の中で
「ああ…年取ったなぁ…」
と思うこと、ありませんか?

若い頃はこうじゃなかったのに…
昔の自分と今の自分を比べてしまって落ち込むことってありますよね。

 

肌の乾燥が止まらない

昔、親の買い物について行って、なかなか袋を開けれない母のあの立場にまさか自分がなるとは…。
だからといって指をぺろっと舐めるのは外でやりたくない…!
ちなみにビニール袋の真ん中のところよりも、持ち手の輪っかを開けると隙間ができて開きやすいそうですよ。

物忘れが激しすぎる

やろうと思ったことを忘れてしまう!
忘れ物を忘れてしまう!
若い頃もこんなことあったけど、昔に比べて頻度が多くなったような気がする…。

 

確実に増えた白髪

日焼けやカラーによる髪の傷みに悩んでいたあの頃…
それに加えて毛根から伸びるホワイトライン…。
疲れやストレスも影響しているでしょうが、やはり加齢を実感しますよね。
ちなみに「ニキビ探しからシミ・シワ探しへ」というパターンもあります…。

 

2010年って、もう7年前の話なんですって?


というか、2000年すらついこないだの話のような気がします。
最近の話だと思っていたことが数年前の話だったと気がついたとき、凹みますよね…。

 

アレの名前が思い出せない

アレだよアレ!なんて言っているうちに、会話のほとんどがアレになっちゃってる。
アレのことが言いたいのに~~~!と一人で頭を抱えていても、相手からしたら「何の話?」って感じですよね。

 

いかがでしょうか?

他にもたくさん年取ったなぁと感じ、落ち込むこともありますが、過去と比べず、「今」を精一杯楽しんで生きて笑顔でいる方が素敵なことだと思います。
「そうそう!あるある!」と笑い飛ばして、明日からも笑顔いっぱいの1日が過ごせますように…。