カラダ, 美容・ファッション, 記事

《働く女性のためのメイク》ダークリップでつくる深みのある表情

夏はヌーディーなリップやメイクレスな目元が多く見られますが、秋冬は一変してダークトーンやレッド系、はっきりとしたアイライン、陰影のある目元が主流になってきます。
特にチョコレートカラーや、ボルドーのような深みのあるレッド系や、赤みのあるダークブラウンは最近の傾向カラーと言えるでしょう。各ブランドでもネイルやリップで起用しています。

レッドリップを美しくつけるTIPS

秋冬になると毎年はっきりとしたレッド系リップや、濃いの色は人気の色味です。
ダークトーンのリップは顔の印象をはっきりさせ、顔色よく見せるカラーなので、洋服がトーンダウンしがちな秋冬には欠かせません。
ただ、はっきり発色しやすいカラーなので、少々派手になりがちです。はっきりした色味を、普段使いするには、ベタッと塗るのではなく滲みでてきたようにつけるのがおすすめです。
唇の中心(全体に塗らないよう)にリップを乗せ、指の腹でたたき込むように広げなじませると、程良い血色感が現れます。
オフィスなど、仕事の場では、ぼやっとした印象になるのを避けるため、先に薄くリップラインをとりましょう。
そのうえで、先ほどと同様唇の中心にリップを乗せた後、唇の中心に伸ばし、仕上げに薄くのせたグロスでリップラインとリップをなじませていきます。
口元の印象がぐっとしまって見えるので、グロスのみで仕上げるよりも、知的な印象に仕上がります。

レッド系、ダークトーンと相性のいいメイクバランス

attractive asian woman beauty image on blue background
リップメイクのみ、浮いているように思われる方に是非試していただきたいのが、チークを薄くすることと、アイメイクとのバランスをとること。
濃い色やダークトーンのリップを使用すると、メイクのポイントは口元にいきます。
特に、普段は肌なじみの良いカラーを使用している方は、口元を強調することにより、メイクに違和感を感じやすくなります。まずは、チークを普段より薄くしてみると印象が変わってきます。リップとチークを、どちらも強調してしまうと、派手な印象を与える事もありますし、魅力的に見せたいパーツをより強調するためにその他を抑えることはとても効果的です。
また、実際ダークトーンリップに挑戦してみたものの、結局口紅やリップグロスの登場回数が減ってしまったという方も多いと思います。その場合は、少しアイシャドウに深みのある色を使う、もしくはアイラインをしっかりめに縁どり、目元の印象をはっきりさせるとバランスがとりやすくなります。

リップメイクを中心としたメイクの作り方もトレンド

Close up of female neck and half of face. The beautiful woman has perfect skin. Isolated

あえて、口元にポイントを持っていくメイクも、トレンドですね。
オフの日などは、思い切って口元にしっかり赤みをだすように塗ると、セクシーな仕上がりになります。その際は、ベースメイクはナチュラルにつや感を出し、チークは淡めにするのが良いでしょう。
そして、アイメイクは、アイシャドウは塗らずアイライナーやマスカラのみに留め、眉はいつもよりはっきり太めに描くと、バランスのとれた今年らしいメイクの完成です。

まとめ

いかがでしたか?普段のメイクやカラーにトレンドを入れると、仕事もキリッとした気分で臨めるのではないでしょうか?ぜひ参考にしてくださいね。

2 Comments

  1. Some truly wonderful info , Gladiolus I found this. “The minute one utters a certainty, the opposite comes to mind.” by May Sarton.

  2. I think this web site contains some very fantastic information for everyone :D. “The ground that a good man treads is hallowed.” by Johann von Goethe.

Leave a Reply

*