秋は乾燥の季節!お肌のために気を付けたいポイント

暑い夏もやっと終わり、涼しくて過ごしやすい秋がやってきましたね。

汗のベタつきからやっと解放される!
太陽の強い日差しが落ち着いて嬉しい!
そう思われている方も多いのではないでしょうか?

しかし秋は乾燥が始まる季節。
油断すると肌トラブルが増え、一気に肌の老化が進んでしまう…なんてことも。

肌の健康を守るためにも、この時期気を付けておきたいことをしっかりと確認しておきましょう。

秋の肌トラブルとは?

秋は湿度が下がって空気が乾燥し始めます。
そこに夏に受けた紫外線のダメージが加わり、シミ、くすみ、シワができやすくなってしまいます。
中にはかゆみが出てしまう人も…。

夏の紫外線やエアコンによってお肌のバリア機能や保湿機能が下がっている為、少しでも手を抜けば一気にお肌はカサカサになってしまいます。
乾燥した肌はシワを増やし、細かいシワとシワが繋がって深いシワができていく…考えただけでも恐ろしいですよね…!

私もアラサーになり、ここ最近十代の頃にはなかったシミや目尻のシワの出現にショックを受けています…。
このまま肌がたるんでいくのを黙って見過ごすわけにはいかない!
夏に受けたダメージを回復させるため、私も肌の乾燥対策をしっかりと練ってみようと思います。

スキンケアのポイント

肌の劣化を防ぐためにも、手を抜かずしっかりとスキンケアすることが大切です。
化粧水や美容液をたっぷりつけてハンドプレスし、肌内部にしっかり浸透するようにしましょう。
そして水分が蒸発しないようにクリームでしっかりと蓋をしてあげてくださいね。

そして夏が終わったからと言って、紫外線予防も怠ってはいません。
日差しが強くなくなったので夏と比べれば肌表面への負担は減りますが、肌内部への刺激は夏とほとんど変わらないのです。
日焼け止めも保湿成分の入ったものを選ぶと良いかもしれませんね。

乳液を上手に使うのも一つの方法です。
ファンデーションに混ぜて使ったり、化粧直しの時に気になる箇所に塗ったりするなど、それだけでカサつきを防ぐことができます。
少しの手間も試してみる価値はありますね!

お風呂上りに念入りに保湿をしたとしても、寝室が乾燥していれば朝起きた時にお肌がカサカサに…。
そういったことが起こらない為にも、寝室に濡れタオルを干したり、水を入れたコップを枕元に置いたり、加湿器を使う等、睡眠時の乾燥対策もしてはいかがでしょうか。
肌の為以外にも、風邪予防にもなるので一石二鳥ですよ。

水分補給で内側から美しく

体内の水分不足を防ぐためにも、水分補給もしっかりとしておきましょう。
秋は空気が乾燥している為、夏と比べると汗が乾きやすくなります。
汗が乾きやすいということは、汗をかいたことに気が付きにくく、体内から水分が減っていても十分な水分補給が取れないということが起こってしまうのです。

たしかに私も、夏は熱中症や脱水症状対策の為に意識して水分を摂っていましたが…涼しくなってからは飲み物の減りが少なくなりましたね…。
それで肌のカサつきを感じていたのかも…!?

一日に2リットル以上の水を飲むことが目安だそうです。
仕事や家事に気を取られて飲み物を飲むことすら忘れてしまう…そんなこともあるかもしれませんが、持ち運びができるように水筒を用意する等、手軽に飲める環境を作ることも大事です。
一気に飲まず、コップ一杯分をこまめに飲んでくださいね。

人間の体の半分以上は水分なので、いくら化粧水で外側から保湿をしていても、体内がカラカラでは意味がありません。
表面のみスキンケアだけでなく、水分補給もしっかりと意識しておきましょう。

食事で潤いを取り入れる

化粧水や日焼け止めなどのアイテムを使うのも大切ですが、乾燥肌対策は食事でもとることができます。

    • たんぱく質

お肌の角質層にある天然保湿因子を生成し、肌の生まれ変わりを促進する
例:肉、魚、大豆、卵、乳製品 etc…

    • 必須脂肪酸(オメガ3系、オメガ6系)

肌の保湿機能を改善するセラミドの材料。美肌のためには良質な脂質を摂ることも大切
例:青魚(イワシやサンマなど)、コーン油、エゴマ油 etc…

    • ビタミンA

天然保湿因子を生成し、皮膚や粘膜の潤いをキープする
例:レバー、うなぎ、ほうれん草や小松菜やパプリカ等の緑黄色野菜 etc…

    • ビタミンE

血行を促進し、肌の新陳代謝を活発にする。肌のバリア機能を強化し、紫外線から細胞へのダメージを防ぐ
例:ごま、ナッツ類、アボカド、いくら、イワシ etc…

でも正直…このように栄養素をズラズラと書かれていてもよくわかんないですよね(笑)
食品の例も挙げられても、実際どう調理すればいいのかピンときませんよね。

しかしズボラ主婦の私は「お鍋だったらすべて解決するのでは!?」と考えたのです!
調理も簡単で、肉や魚、野菜や豆腐を同時に摂取でき、体も温まるので代謝もよくなります!
シメを雑炊等にすれば、スープに溶けだした栄養素も最後までおいしく食べれますしね!

まとめ

  • 秋は湿度が下がり、空気が乾燥する。
  • 乾燥と夏に受けた紫外線のダメージが原因となり、シミやシワができやすくなる。
  • 化粧水等による保湿ケアだけでなく、紫外線対策も怠らないようにする。
  • 寝室の保湿管理も忘れずに。
  • 忘れがちな水分補給を意識する。
  • 食事で肌に良い栄養素を取り入れる(オススメはお鍋!)

秋はお出かけするのもオシャレするのも楽しい季節なので、カサカサなお肌のままだともったいない!
綺麗なお肌で秋をエンジョイしてみてはいかがでしょうか?

CURATOR

主婦

ナオミ

NAOMI

25歳の専業主婦です。男の子二人を育てています。
普段は育児ブログで絵を描いています。絵を描くのがとにかく好きで、趣味として思いのまま描いています。

SHARE ON!