歌手としての挫折を乗り越え、輝き続ける篠原涼子の活力は、仕事とプライベートの両立にあった

やりたいことじゃない。それでも恩を忘れずただひたすらに目の前の仕事をこなしてきた。

 

sinohararyouko

http://trendnews1000.com

 

7歳と3歳の二人の男の子の母、女優 篠原涼子。

群馬県桐生市で3人兄弟の末っ子として生まれ、2歳のときに母親を亡くし、父に男手一つで育てられました。

 

今でもやりたいことは歌を歌うこと

篠原涼子インタビュー

  

http://shiseido.co.jp

 

今はドラマ視聴率女王として名高い篠原涼子。

16歳で芸能界デビューし、25年以上たった今でも、本当にやりたいことは歌を歌うことだと言います。

 

1994年、小室哲哉プロデューサーの「恋しさと切なさと心強さと」で日本レコード大賞を受賞し、一躍トップ歌手となりました。しかし翌年に小室ファミリーを離れて以降は歌が売れず低迷。大好きな歌を続けたくて自身で歌詞を書いたりもしましたが、結局ヒットには恵まれず、小室哲哉の力で売れていたと思い知ったそうです。

 

歌以外の活動をしなければならない、自分の目指す方向と全然違うともがく日々。

大好きな歌なのに、それを仕事としていくことができない。

 

 

演技を褒められたことがきっかけとなり23歳で本格的に女優として活動していきます。

女優として成功しても、やりたいことは歌を歌うこと。

それでも、「歌以外はやりたくないと言って周りの人を困らせたくない」という揉め事嫌いな篠原涼子は、与えられた仕事を無我夢中にこなしていきました。

 

 

バラエティ番組でコントをしていたバラドル時代、歌手としての成功と挫折、女優としての称賛。

「器用なわけではない、センスがあるわけでもない。

「デキル女」じゃないからこそ、自分や周りが納得するまで一生懸命まっすぐに取り組む。」

 

プライベートを充実させたいと切望した30代

結婚

http://verywed.com

 

20代で出会えた人たちに感謝の念を忘れることなく、自らが理想とする「意志の強い人」となり30代を迎えます。多忙極まりない毎日の反動で、プライベートを充実させたいと切望していた頃、市村正親と入籍します。

30という女性の人生の岐路に立ち、女優としてのキャリア、歌という自分が本当にしたいことへの葛藤があったと言います。

そんなことを感じさせず、結婚後は主演作品が増え、女優としてどんどん活躍していきました。

 

「人生の最高のパートナーと出会えて、仕事をやめれば自分の魅力が減ってしまうと思えた。」

 

篠原涼子が母親として妻として羨望される存在でいるのは、彼女が人生の最高のパートナーに出会えたから。

 

 

 

そして今またがむしゃらに仕事したいと思っている40代

篠原涼子nifty

http://news.nefty.com

仕事とプライベートの両方が充実していることで、互いによく影響して、心のバランスがとれるということを実感してからは、仕事を長く続けていくために「仕事を楽しむ」という姿勢を大切にしたいと語っています。

そのために篠原涼子が心掛けていることは、一緒に仕事をする人を好きでいること、そして体調を整えておくこと

 

病気の夫を支えるためや子どもの受験のために女優業を休業する。

 

キャリアも大切だけれど、自分と家族の人生を守るために、キャリアを一時手放す勇気も必要。

目の前のことに真摯に向き合う姿勢があれば、望む人生を描いていれば、それを自分次第で手に入れることはできるのです。

 

誰もが羨むあのチャーミングな笑顔の裏には、自分が大切にしたいことを心にしっかりと持ち、そのためにストイックに取り組む努力がありました。

CURATOR

編集

FABB ORGANIZER

fabb organizer

FABBの運営・メディア管理をしています。

SHARE ON!