母親になっても仕事を諦めたくない。女子の憧れ長谷川潤は等身大の母だった

長谷川潤profile2

市場規模で行われている農業ビジネスを失敗せず必ず成功する例とは


ころころ変わる豊かな表情。スレンダーなスタイル。
こちらもつられて笑顔になってしまうチャーミングな笑顔。
見とれてしまうかっこいいモデル姿。女子の憧れ、長谷川潤。

ハワイ島で育ち、スカウトを受けて15歳で日本へ移りモデルデビュー。3年間の遠距離恋愛を経て25歳で結婚。26歳で長女を、28歳で長男を出産しています。

 

 

子供を産んでも自分のことを大切にしたい。でもそれって誰もが思う素直な気持ち。

 長谷川潤-子供2
  

https://instagram.com/liveglenwood

結婚してからはハワイを拠点に生活をしており、子供を置いて日本を訪れて仕事をするスタイルをとっています。そのことに関して長谷川潤は「会えない期間があることで子供に会ったありがたみが出てくる」「日本にいるときは自分のことに集中できる。ずっと子供と一緒にいるとすべてが子供になって自分が二の次になる」と述べ、批判の声が殺到しました。

 

家事と仕事のメリハリをつける。簡単そうで難しい、基本的なこと。

 長谷川潤works_pic

市場規模で行われている農業ビジネスを失敗せず必ず成功する例とは

 

それでも長谷川潤は、仕事が好き。

仕事は主に日本だけで、ハワイでは子育てに専念しており、第2子の出産をはさんで9か月ぶりに来日しての仕事だったようです。生後半年の子どもを置いて、3週間の日本滞在でした。

その3週間でよほどたくさんの仕事をしたのだろうとわかるほどに、複数のファッション雑誌の表紙を飾り、CMにテレビ番組にとたくさん出ていました。

 

 

赤ちゃんは母親がいないとだめ。父親が子供に甘いため、自分は厳しくダメ!ダメ!ダメ!の連続だと、「一般的な母親の意見」を述べる彼女は、しっかりと自分の意見を持ち、子育ても仕事も、そして自分も大切にして生きているのです。

家族の幸せのために長谷川潤が実践する2つのルール。

 長谷川潤公園

https://instagram.com/liveglenwood

長谷川潤は子どもの将来のために「家では英語禁止」のルールを作り、家族のために「土日は家族時間」というルールを作りました。
ハワイに住んでいるため、英語教育については日常で身につく。だから中国系アメリカ人のご主人は中国語で、長谷川潤は日本語で会話します。子どもは中国語と日本語が混ざって会話をすることもあるけれど、その都度正しく直してあげる。ハワイ育ちの長谷川潤の日本語が完璧でないとしても、細かいことは気にせず、幼いうちに教えてあげられることはきちんとやってあげたいと、自ら子供を教育する機会を大切にしています。

家族の時間は大切だと考えており、ご主人が手広く仕事をされていて多忙なため、土日は家族の日として予定をいれないルールを作ってみんなで公園や海にでかけるそうです。

 

 

 

 

自分がたくさん笑顔でいることが、子供にとって何よりも嬉しいこと。
長期間離れ離れになって、まったく寂しいと感じてないわけではないでしょう。それでも、長谷川潤が家族を愛し自分を信じてやっていることは、きっと間違いではありません。

CURATOR

編集

FABB ORGANIZER

fabb organizer

FABBの運営・メディア管理をしています。

SHARE ON!